研修内製化について

多くの企業が研修内製化の取り組みを始めています。
しかし、研修内製化は難しい・・・
だから・・・“人材育成のプロ”の力が必要です。

内製化のメリット

① 研修コストが抑えられる
② 職場や受講者の実態に合わせた内容が展開できる
③ 研修後のフォロー、受講者の上司と共にフォローが充実できる(OJTの促進)

社内で専門分野を持つ方に講師をしてもらうと、説得力があります。受講者が抵抗感なく、素直に話を聞くことができます。社外研修のように社内の様子を説明する必要がないため、時間の短縮にもなり、研修コストも抑えることができます。また、研修後にできた課題を受講者、講師、研修担当者ともに認識、解決し、次回の研修につなげることが可能です。

 

内製化のデメリット

① テキストの作成、実施、日程調整など講師の負担が大きい
② コンテンツの質や量に偏りができる
③ 新鮮味がない

講師の負担はとても大きなものです。既存業務以外に、多くの作業が発生します。また、大きなプレッシャーもかかります。担当講師により、内容にばらつきが出てくることがあります。社内の人間なので慣れがあり新しい発想に欠ける部分が出てきます。

そこで、テキストやインストラクションを支援する社内講師養成プログラムを取り入れ内製化する企業が増えています。

 

プログラム概要

◆社内講師養成パッケージ
研修日数に応じた指導時間、少人数(基本1名)で徹底指導
① 標準コンテンツ・テキストデータ提供(貴社にてモディファィ可)
② 標準コンテンツ・テキスト内容、展開方法説明
③ インストラクション指導(マインド強化+コンテンツ展開スキル)
※オプション:研修オブザーブ+修正指導

◆ コンテンツ・テキストデータ提供
A 標準コンテンツ・テキストデータ提供内容、展開方法説明
B 標準コンテンツのモディファイ
内容説明→ヒアリング→モディファィ→点検→確定
貴社オリジナルのプログラム・コンテンツ開発

◆ インストラクション指導(マインド強化+コンテンツ展開スキル)
個人・集団ともに指導可能
研修オブザーブ→修正指導
※ 一定の経験がある社内講師向け

◆ 貴社オリジナルプログラム・コンテンツ開発
貴社のご要望・実状に合わせてオーダーメイド
ヒアリング→プログラム・コンテンツ開発→点検→確定

研修内製化支援プログラム費用
社内講師養成パッケージ 1日研修コース(2日間の指導) 300,000円/名
2日研修コース(3日間の指導) 400,000円/名
オプション:研修オブザーブ+修正指導 150,000円/名
コンテンツ・テキスト
データ提供
A 3時間 100,000円 
B 1日間の修正ボリューム 200,000円
インストラクション指導 半日オブザーブ+半日指導 150,000円/名
追加1名あたり 50,000円
オリジナルコンテンツ開発 ヒアリング後、御見積提出いたします。

※消費税が別途必要になります。
※費用詳細は打合せ後にお見積りを提出いたします。

詳細はこちら